目黒区水泳連盟

目黒区水泳連盟は、"区民皆泳"を念頭に皆様の健康増進や生涯スポーツ、泳力強化のお手伝いをしています

目黒区水泳連盟について

水泳連盟について

寺脇 登 会長は2014年2月12日ご逝去されました。謹んでご冥福をお祈りします。

名称

目黒区水泳連盟

所在地

目黒区目黒本町1-2-19
目黒区水泳連盟事務所

連絡先

Tel/Fax : 03-3791-5051

お問い合わせはこちらから

設立年月日

昭和48年4月1日

加盟年月日

昭和49年10月29日

組織

会長、副会長、理事長、副理事長、会計、監事、理事
(事務局、事業部、普及部、広報部)

加入方法

  • 水泳愛好者で連盟の趣旨に賛同する者。
  • 2人以上の理事の推薦により会長と他役員1~2名が面接
  • 指導希望者は、有資格者又は近い将来資格取得予定者
  • 入会申込書と年会費(\1,500円)を収める。

主要事業

  • キャッチフレーズ『目黒区民は皆泳』
  • 大会:初泳ぎ記録会、目黒区民体育祭春季大会・秋季大会
  • 講習会:指導者リーダー講習会、各種泳法
  • 区民教室:初心者(小学生、親子、一般、高齢者、ふれあい、着衣)

ご挨拶

会長挨拶 寺脇 登

会長 寺脇

水泳を愛好する皆々さま、お元気ですか。会長の寺脇です。

目黒区水泳連盟は永い歴史と伝統を基に、水泳の普及と発展、競技力向上に努めています。具体的には、水泳を愛する人が一人でも二人でも多くなることを信じて頑張っているのです。

スローガンは、「区民皆泳!!」

一人でも泳げない人がいないように。いつでも、いつまでも生涯泳いで、区民の皆さんが健康で、楽しい生き甲斐作りの一手段としていただけると幸いです。

近年はジュニア育成を重点目標に通年で毎週土曜日の午後、日本大学のご好意により、温水プール(25m、水深2.30~3.50m)アウトプール(50m、水深1~1.50m)の提供をいただき、強化指導により効果を上げています。このホームページをご覧頂き、ご理解・ご賛同いただける方は、早速ご参加下さい。期待しています。

理事長挨拶 杉浦 重子

目黒区水泳連盟は、昭和49年10月29日に区民センター屋内プール設立に合わせて創設されました。「区民皆泳」を目標に教育委員会と共に各教室を開催することになり、また、そのフォローとして「一般公開中の水泳指導」も開設していただくことになりました。受講者も指導者も共に素晴らしいチャンスを与えてくださったことに感謝しつつ、「泳ぐこと」の楽しみを味わってきました。

教室は、与えられた時間の中で、指導者が目標を設定し、カリキュラムを考え、初心者中心に指導しています。「一般公開の水泳指導」では、個々により良い「泳ぎ」ができるように指導者から適切なアドバイスを受けられるようになっています。このチャンスを利用し、受講者の皆さんが平等に心のこもった指導を受け、安全に、楽しく泳ぎつつ、技術が向上することを願っています。

区民の水泳愛好者が一堂に集まる大会は、年3回開催されています。目黒区体育大会春季大会(6月第1日曜日)と秋季大会(9月第1日曜日)です。また、自分の記録を知るチャンスとして初泳ぎ記録会(1月5日以降の第1日曜日)があります。

ふるって参加してください。

目黒区水泳連盟の指導員は、皆様が生涯スポーツとして水泳を楽しんでいただけるようにサポートしたいと思います。

目黒区水泳連盟 沿革

会員の皆さん、区民の皆さんのご支援でまもなく創立41周年を迎えるまでになりました。21世紀を迎え、少子高齢社会に突入し、生涯スポーツの必要性が一段と重視され、なかんずく水泳は代表的なスポーツとして脚光を浴びています。

水泳は、競技スポーツ・生涯スポーツにふさわしいスポーツとして、益々盛んとなりました。今後とも目黒区民のスポーツ振興・発展・健康づくりのチャンピオンとして、区民の皆さんに受け入れられ、愛される連盟となるよう努力します。

昭和48年4月 連盟設立・初代会長:濱口喜博 理事長:寺脇・登
昭和49年7月 区民センター屋外プール(50m) 竣工
昭和37年9月16日に目黒区立第5中学校で行われた第1回目黒区民水泳大会以来、会場探しに困難をきわめましたが、これにより会場の心配はなくなりました。50mプールながら、レジャープールでもあるため水深は浅いです。
昭和50年7月 区民センター屋内プール(25m) 竣工
これまで温水プールがなかったため、区民体育大会は秋季大会のみでしたが、春季大会ができるようになりました。お陰さまで、水泳連盟主催による初泳ぎ記録会も開催されるようになりました。
昭和61年6月 駒場プール 竣工
この時代より、障害を持つ人にも優しいプール施設となってきました。
昭和62年5月 緑ケ丘小(西部地区)プール 竣工
この時代より、学校を区民に開放するような設計となってきました。
学校の授業優先となります。
平成7年 五本木小学校(中央地区)プール 竣工
平成16年 創立30周年を迎え、創立30周年記念誌を発行。
平成17年 濱口会長が勇退され、後任の会長に寺脇登、理事長に杉浦重子が就任。
平成20年 碑小学校(南部地区)プール 竣工

活動内容

キャッチフレーズ

目黒区民の皆泳をめざそう!

区民大会の主催・主管

主催:1月に『新年初泳ぎ記録会』を主催・主管
主管:6月に『目黒区民体育祭・春季水泳大会』を主管
主管:9月に『目黒区民体育祭・秋季水泳大会』を主管

詳しくはこちらをご覧ください。

区営屋内プールでの水泳・水中運動教室の指導

水に顔を浸けるなどの初心者からの指導もあります。お気軽にご参加ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

2013年東京国体に向けたジュニア育成

毎週土曜日(於:碑文谷の日大水泳部の屋内プール)

指導員能力向上のための講習会

指導者リーダー講習会、各種泳法の技能向上のための講習会を随時開催。

その他必要と認める活動

会員の皆さん、区民の皆さんのご支援でまもなく創立41周年を迎えるまでになりました。

21世紀を迎え、少子高齢社会に突入し、生涯スポーツの必要性が一段と重視され、なかんずく水泳は代表的なスポーツとして脚光を浴びています。

水泳は、競技スポーツ・生涯スポーツにふさわしいスポーツとして、益々盛んとなりました。今後とも目黒区民のスポーツ振興・発展・健康づくりのチャンピオンとして、区民の皆さんに受け入れられ、愛される連盟となるよう努力します。